まるみ麹本店とは?

<まるみ麹本店の歴史>

昭和25年、岡山県「美袋(みなぎ)」の地で麹屋として創業。
経営理念は【私たちは人と自然の恩恵に感謝し、健康につながる食づくりを通して、世のため人のために尽くします】

農家からお預かりしたお米を麹に加工する事業から、まるみ麹本店は始まりました。 当時は家で牛を飼いながら、家畜の力を借りたり、堆肥を使った有機農業が日常的に 営まれていました。しかし、農業機械や農薬の普及をはじめ、さまざまな環境の変化が 目に見えないところでお米の品質や麹づくりに影響を与えるようになりました。 こうした自然環境の変化は、自然に逆らわず、自然本来の力を最大限に引き出すという、 まるみ麹本店独自の味噌づくりや、醸造方法を生み出すきっかけとなりました。

創業以来、妥協することなく味噌づくりをしていた私たちにとって、目に見えにくい素材の品質の悪化は、醸造にも影響を与え、試行錯誤が必要になりました。 多忙を極めた創業者・山辺光男は体調を崩し、ある指圧の先生のもとで体質改善を行うことになりました。 先生は、自然に逆らわず、身体を本来の姿に整えることの大切さを教えてくださいました。 この貴重な出会いから、「自然のままに」という味噌づくりの考え方は生まれたのです。

さらに大切な出会いがありました。それは「電子イオン水」と「備長炭」との出会いです。 電子イオン水は、生命力を高めると言われ、また備長炭は、自然が美しく維持されていた頃の昔ながらの環境に整える効果があると言われています。 実際に備長炭で味噌づくりの環境を整え、電子イオン水を麹づくりに 使ったところ、私たちが求めていた昔の姿に麹が蘇っていきました。 今ではどちらも、味噌づくりに必要不可欠な存在となっています。

素材が本来持っている力を最大限に引き出す。 そうして生まれた味噌こそが、身体にもやさしい、本物の美味しさです。 伝統の味にさらに磨きをかけ、心を込めてお届けしてまいります。

<製法へのこだわり>

生きた素材、活かす技術 自然の法則に従った昔ながらの良質な環境と、伝統の発酵技術、独自の新たな技術によって、素材の力は最大限に引き出されます。自然の環境を蘇らせ、身体にやさしく本当に美味しい味噌作りを行っております。

<素材へのこだわり>

自然のままが上質 日本の伝統食である味噌には、日本の気候風土で育った大豆・米・麦が最も適しています。国産の原料は味や組成に優れており、遺伝子組み換えやポストハーベストに対しても安全です。原料はより良い状態を保つため、マイナスイオンの多い低温倉庫で保管しています。 また、自然栽培大豆や自然栽培米、ミネラルバランスが整った天日自然結晶塩を原料にした味噌づくりにも取り組んでいます。

このように”コウノトリ味噌”は、「新名ひさこ」×「まるみ麹本店」の共同開発により、 ”味噌”本来の効用だけでなく、独自の配合やこだわりがすべて詰まっていますので、 一般的な味噌に比べて、妊活中の方に最も適した”味噌”と言えます!

味に関しても、赤味噌のような”コク”があり、 そのうえ”5色”野菜の甘味も合わさって『心の奥深くに染み渡る味わい。』 濃厚な味わいだけど、酸味が効いているので後味がサッパリしていて、 クセになるほど美味しく、とても飲みやすい仕上がりとなっております。

その他、味噌の効用


味噌は栄養の宝庫

栄養豊富な大豆は、発酵することでさらに栄養価が高まります。味噌には生命の維持に不可欠なすべての必須アミノ酸8種類と、ビタミン・カリウム・カルシウム・鉄などの豊富な栄養成分が含まれています。

消化吸収されやすい

消化吸収がされにくい大豆のたんぱく質も、味噌になると酵素によって加水分解されて約60%が水分に溶け、約30%がアミノ酸になるため、消化吸収されやすくなります。

コレステロールの上昇を抑える

味噌の原料である大豆に含まれるリノール酸と大豆レシチンには血中コレステロールの上昇を抑える効果があると言われています。

血圧の上昇を抑える

味噌には、高血圧防止ペプチドが含まれ、血圧を下げる効果があることが発見されております。

糖尿病の予防に効果

味噌に含まれるメラノイジンには、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖尿病予防にも効果があることが期待されています。

味噌の塩分は30%の減塩効果

同じ食塩量でも、味噌からの摂取は30%の減塩効果があることが分かってきました。 みそ汁は塩分の摂り過ぎになると思われがちですが、問題なのはナトリウムの摂取。 具材としてカリウムを含む野菜などを組み合わせれば、ナトリウムの摂取を抑えられます。

放射性物質から体を守る作用

長崎に原爆が投下された際、味噌汁を飲んでいた人に原爆症が発症しなかったことが報告され、マウスによる実験で検証したところ熟成期間の長い味噌ほど効果が高いことがわかりました。

『コウノトリ味噌』開発までの
"道のり"と"想い"

私は普段から妊活において食事は非常に大切であるとお伝えしています。 そして、その中でも1番オススメしている食材、それが"味噌"です! ただ、一般的な味噌だけではバランスの良い食事が摂れるとは言えず、 以前から「"コレ"さえ摂っていれば…」という味噌を自らの手でつくることはできないのか、と考えていました。 そんな時にたまたまご縁があり、「まるみ麹本店」さんと出会いました。 私は「まるみ麹本店」さんを知り、実際に伺ってお話しをさせていただき、 これまでの"歴史"や、味噌づくりにかける"情熱"や"想い"に感銘を受けました。

また、私の"妊活"に対する想いにも共感いただき、 妊活中の方に最も適した"理想の味噌"『コウノトリ味噌』をやっとの思いでつくることができました。 その中でも私の1番のこだわりは、”5色”の野菜をすべて入れることができたことです。

東洋医学では、野菜は【緑・赤・黄色・白・黒】の5色に分けられ、 緑の野菜は肝臓、赤の野菜は心臓、 黄色の野菜は脾臓、白の野菜は肺、 黒の野菜は腎臓に良いとされています。 つまり5色の野菜をバランスよく摂れば、 人体の5つの内臓”五臓”すべてを整えることができるんです。

しかも、コウノトリ味噌にはその5色の野菜が粉末で入っていますので、 忙しい朝でもお湯に溶かして飲むだけで、カラダ全体を整える効果が期待できます。 何よりお湯に溶かすだけなので、料理が苦手な方でも使いやすいですし、 誰でも簡単に栄養バランスが整った偏りのない"お味噌汁"をつくることが可能です。 とにかく『コウノトリ味噌』は、 私の妊活中の方に対する"想い"や、妊活中に必要な"栄養"をすべて詰め込むことができ、 自信を持って皆さんにオススメできる仕上がりとなりました。

味もほんっとうに美味しいので、 その美味しさもぜひ皆さんに味わっていただきたいです。 コウノトリ味噌の、理想の飲み方としては【朝・昼・晩】に一杯ずつとなります。 1日に3回はあくまで理想となりますが、 とくに基礎代謝が低下してくる【30歳以上】の方は、体温をあげて免疫力をUPさせていくためにも、最低でも【朝・晩】の2回は飲んでいただきたいと思っております。 他にもお仕事や家事が忙しく、 「朝は時間がなくてゆっくり朝食がとれない…」という方でも、 ”コウノトリ味噌”であれば具材にこだわらず、お湯で溶かして簡単に飲むことができますので、”コウノトリ味噌”だけでも起床後に飲むようにしてほしいです。 ちなみに、夕食に飲むことができなかった場合は、就寝前でも大丈夫です。 お味噌汁は、就寝前でもとても食べやすく、消化や吸収を助けてくれますし、 深部体温を整えることができ、より良い睡眠へと導いてくれます。 とはいえ、 絶対に1日に2回や3回、必ず飲まなくてはいけないと言うわけではありませんので、 毎日の習慣として無理なく、美味しく飲めるペースで継続していきましょう。 食事が不規則・不摂生気味なご主人にも、朝または夜に一杯飲んでいただくことをオススメします。

"コウノトリ味噌"の飲み方について

■理想は朝・昼・晩の1日3回
※30歳以上の方は最低でも1日2回
■朝食がゆっくりとれない方は、起床後に"コウノトリ味噌"だけでもOK
■夜は就寝前でもOK

この『コウノトリ味噌』が、 私が推奨する【頑張らない妊活】の手助けになることを信じて… 1人でも多くの人をサポートできれば幸いです。

よくあるご質問

商品到着までどのくらいの日数がかかりますか?

代金のお支払い完了後、通常2〜10日でお届けします。 11日を経過しても到着しない場合は、LINEにてご連絡下さい。

賞味期限はどうなっていますか?

2021年11月となっております。

味噌の保存について教えてください。

発酵を抑えるには冷蔵庫で保存をしてください。さらに、冷凍庫に入れると保存性がよりアップします。家庭用の冷凍庫(-20℃)では味噌は凍らず、長期品質保持が可能です。 開封後は味噌の表面にラップを貼り付けて、空気に触れないようにすると、着色や乾燥を防ぎ、より長く味噌本来の風味をお楽しみいただけます。ただ、味噌の特性として熟成が進むことで、色は次第に濃く(褐変)なっていきますが、そのまま召し上がっていただけます。気温の上昇などによる極度の褐変は風味を損ないますので、漬け物用などにお使いいただくことをおすすめします。 今まで、味噌に病原菌が混入して食中毒を起こしたという症例は報告されていません。 味噌の中では病原性大腸菌O157は増殖できないことも実験で分かっています。味噌は保存に適した食材と言えます。

1日に何回摂るのがベストですか?

理想の飲み方としては【朝・昼・晩】に一杯ずつ。 ※とくに基礎代謝が低い方 ただし、【朝・昼・晩】に絶対飲まなくてはいけないと言うわけではありませんので、毎日の習慣として無理なく、美味しく飲めるペースで継続していきましょう。

1パック900g、何杯分になりますか?

目安としましては、お湯と水、計220mlに対して味噌大さじ2杯(30g)計算で、 約30杯分となります。

一般の味噌ではダメなのですか?

もともと”味噌”はカラダに良い食品ですので、一般の味噌がダメと言うことはありません。 しかし、『コウノトリ味噌』には一般の味噌では摂れない成分や栄養を摂ることができますので、妊活中の方に最も適した”味噌”が『コウノトリ味噌』と言えます。

送料はかかるのですか?

全国どこでも【送料無料】となっております。

初回生産分が終了したら、もう購入できないのですか?

再販させていただく場合は、 あらためて【心とカラダ妊活塾 公式LINE】または【心とカラダ妊活塾 オンラインヴィレッジ】にてご案内いたします。